ながいきレシピ

葉玉ねぎの寒天寄せ

最優秀賞:長柄町 前田敏代さん

葉玉ねぎの寒天寄せ
材料(4人分)
葉玉ねぎの寒天寄せ
葉玉ねぎ 1本
1個
カニ風味かまぼこ 3本
だし汁
(かつお節でだしをとる)
2カップ
粉寒天 1袋
酢味噌
大さじ2
砂糖 大さじ4
味噌 大さじ4
大さじ2
作り方
  1. 葉玉ねぎは3mmの幅に切り、鍋に湯を沸かし沸騰したら酢少々を入れて、さっとゆで、ザルにとり水分を軽く絞る。
  2. 卵は薄焼きにして細長く切る。
  3. だし汁をつくる
    鍋に水3カップを入れ沸騰させ、かつお節40gを入れ少し火を弱めてそのまま置き、かつお節が沈んだら、ざるなどでこす。→できただし汁のうち2カップを使う。
  4. ③のだし汁に粉寒天を入れ煮とかし(1~2分沸騰させてよく溶かす)、その中に葉玉ねぎ、卵、ほぐしたカニ風味かまぼこを入れ、型に流し入れて固める。
  5. 酢味噌の材料を混ぜ合わせ、小鉢に入れる。
  6. ④が冷めたら型をはずし、皿に盛り酢味噌を添える。

※寒天にすりごまを混ぜて固めてもおいしいです。

セールスポイント
春らしく、緑の葉玉ねぎ、黄色の卵、赤と白のかにかまで寒天寄せにし、だし汁はかつお節でしっかりとしただしをとり、かつおの風味が漂います。味はさっぱりと酢味噌でまとめました。

ながいきレシピ