• Home
  • 旬のものスペシャル

旬のものスペシャル

ながいき梨:7月〜10月
ながいき梨

甘く、食感さわやか

九十九里南端の温暖な気候と、その大地が生んだのは、甘く爽やかな食感と丸く美しい姿がともなった梨。
生産者の深い愛情が育んだ奥深い味わいを、ぜひお試しください。

ながいき梨

梨のおいしい見分け方と保存方法

形が丸くて、やや大きめの玉がおいしい。

軸がしっかりとして黒くないもの。

鮮度(シャリシャリ感)が命なので、買ったらなるべく早めに食べることをおすすめします。おいしく食べるには、ポリ袋に入れて30分くらい冷蔵庫で冷やすと良いです。

高温が苦手なので、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保管してください。

梨のおいしい召し上がり方!

おいしくいただくには、早目に(2〜3日中)お召し上がりください。

程よく冷やすと尚おいしいです。

冷蔵庫の野菜室でラップにくるんで冷やすといっそうおいしく召し上がれます。

  • ながいき梨
  • ながいき梨

梨の特徴

幸水 7月下旬~8月中旬

幸水は、おしりの部分が平らで大きく広がっています。果肉には果汁が多く含まれ、一口食べると強い甘みが広がりシャリシャリとした触感があります。

豊水 8月下旬~9月中旬

豊水は、果樹が多く甘みのなかに酸味があり、濃厚な味。

あきづき 9月中旬~9月下旬

あきづきは、果肉は緻密で柔らかく、非常にジューシー。酸味が少ない分、強く甘みを感じる。

新高 9月下旬~10月上旬

新高は、ビッグサイズで酸味が少なく、みずみずしく風味豊かな甘さがある。

価格/ご注文はこちら
//-->
  • JAバンク
  • JAネットバンク
  • JA共済
  • 電子ブックを見る
  • とれたて彩菜